FC2ブログ
М奴隷ひとみの調教される姿を日記に書いています
2016/03«│ 2016/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2016/05
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:30:38
こんばんは
最近、身近で色々な事がありすぎて、ブログの更新が出来ません
ごめんなさい

そんな中ですが、今回都内でSM調教見学会を開催します
開催日、5月3日
開催場所は東京タワー付近のホテルです
開催時間は18時から21時の予定です
SM、調教、羞恥、複数プレイに興味のある、カップルさん、単独さん参加しませんか
詳細はメールにて
久しぶりに都内での開催ですが、大勢いの単独様に苛めて頂きたいです
よろしくお願い致します
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

22:20:52
by 紫葵菜

妄想 日帰り温泉⑫

再び、お茶を淹れる。食後なので今度は、ちょっ と濃いめに…

彼の左横に膝をついてお茶を差し出す。

『うん、良いね』
彼の言葉一つ一つに一喜一憂してしまう。

彼の左腕がさきの左肩を抱き寄せる。彼のあぐらを掻いた膝の上へ身体ごと仰向けに倒れこむ。彼の顔が近づき、自然にキスをする。
キスだけなのに、なんだか幸せで‘じ~ん’とする。

 『もう、感じてるの?』
彼が笑う。 …?

 『目がトロンって、なった。お前の顔、好き』
再びキスをくれる。 嬉しい…大好き…身体の力が抜けていく…

彼はキスしながらも、さきの襟元を大きく開く。彼の右手が中に入り込む。さきの右胸を大きく揉みしだいたかと思えば、左乳首を転がしたり…

 「あん…」
身体が蕩けていきそう…自然に声が洩れる。
いつの間にか帯は解かれ、袷も全開になっていた。

 『舐めて』
顔の横に大きくなった彼のモノ。あれっ?!もしかして、彼も下着つけてなかった!?一 瞬、そんなコト考えたけど、今はご奉仕しなきゃね…

舌先で小さくペロペロとカリ首を舐める。次は口に頬張って竿を唇で扱くように頭を前後させる。一旦、口から外して、今度は右手で竿を扱きながら鈴口を舐めたり、パクッとくわえたり… 次第にMAXになってきた彼のモノ。

 『そこに四つん這いになれ』
浴衣を脱ぎ、彼の言葉通り、畳の上に四つん這いになる。

フッと、彼が立ち上がる気配がしてドキドキしな がら待つ…

が、彼は押し入れに向かい歩いて行く。あれっ?… 肩すかしを食らった感じで、ついていた手を上げ、上半身を起こした。

襖をザーッと開けて、掛け布団を一枚取り出した 彼。さきの所まで持ってきてくれた。

 『畳じゃ痛いでしょ。この上に乗って』
彼の言葉に慌てて従う。やっぱり優しいな… 胸がキュンキュンする。

嬉しくて、でも四つん這いで全部見られちゃうのが少し恥ずかしくて…ホント、ドキドキ。

さきの花びらを開いて、彼の強張ったモノがゆっくり挿ってくる。ズズ…ズ…

あ、あぁ…もっと、もっと奥まで…挿れて…思っていても、口に出すことは躊躇われる。そんなさきの思いを知っているんだろうか。彼は焦らすように浅く出し入れを繰り返す。堪らなくなって

 「…お願い…もっと…」
 『もっと、何?ちゃんと言って』

 「…もっと奥まで…挿れてっ…」
恥ずかしさで声が掠れる。

 『聞こえないよ。ちゃんと言わなきゃダメ』
彼は、さきに浅く挿したまま動くのを止めた。

 「お願い…します。もっと、奥まで挿れて、さきの中をかき回して」
恥ずかしくて仕方ないのに、身体が彼を欲して、口から言葉が零れ落ちる感じ…

 『あぁ、それでいい。ちゃんと言えたから、ご褒 美だっ』

彼の怒張が奥まで突き刺さる。身体の中を貫かれたかのような痺れが頭の中に伝わり、さきは仰け反りイった。

by 紫葵菜

17:19:35
by 紫葵菜

妄想 日帰り温泉⑪

びしょ濡れで逆さまだった机は元通り、部屋の中央に置かれ、座椅子も向かい合わせになってい た。

下着を身につけようと、鞄の所に行く。

 『ダメだよ。まだ下着つけちゃ…早く浴衣着て。 配膳、もう来るって』
奥の腰掛け椅子で寛いだ様子の彼が言う。

えっ急がなきゃ… 彼の言葉に慌てて、浴衣と帯を持って洗面所に行き、袖を通す。袷を押さえ、帯を巻き終えたところで、コンコンっと、部屋の扉がノックされた。

そのまま、開錠に行き、扉を開く。
 『失礼します。お待たせ致しました』

年配のおばさんが配膳の台車から大きめなお弁当のようなお重を取り出す。手伝おうとすると

 『大丈夫ですよ』
との言葉に甘え、部屋に戻り、入り口脇に置かれ たポットでお茶を淹れる。

そういえば…下着つけてないの、おばさんにバレ ちゃうかな… ふと思い出し、そんなコト考えてたら、ちょっと 薄めのお茶になってしまってた。

 「ごめん。薄かった。淹れ直す?」
一口、飲んで彼が答える。

 『ん、大丈夫。食べる時だし 』
こういう時、彼は優しい。

おばさんは、お重や茶碗、汁椀等をテキパキと机の上(二人の席前)に置くと、おひつをさきに渡して
 『では』
そそくさと部屋から出て行った。

なんかヘンなの… 慌てて出て行ったおばさんに違和感を覚え、彼に尋ねた。

 「なんか、おかしくなかった?今の人。普通、お料理の説明とかするよね?!心づけをそれとなく要 求したり…」
 『そんなに気になる?』

 「うん、まぁ…」
 『さきがお茶淹れてる時に後ろ姿見てたから、気 づいたんじゃない 』
ニヤニヤしながら、彼が言う。

え~ 恥ずかしいよー きっと中居さん同士の雑談 で話されちゃうヤバい。チェックアウトの時、 どうしよう…

彼は意に介さず、
 『天ぷら、あったかい内が美味しいぞ』
とか、もぐもぐ食べてる。はぁ…なるようになれ…だね。気にはなったけど、‐旅の恥は、かき捨て‐先人 も言っている。

 「いただきます」
 「おいしー」
天ぷらはまだ熱々でエビはプリプリだし、ボ チャもホクホクしてる。

 「お刺身も新鮮だね」
美味しいものを食べて、テンションが上がるさき。

ふと彼を見ると、にこやかに微笑んでいた。子どもみたいに、はしゃいでいた自分に少し恥ずかしくなった。

 『どうしたの』
彼が優しく聞く。

 「…なんだか恥ずかしくって…」
笑いながら彼が言う。
 『いいんだよ。たまには、さきのそんな顔見るの 良いな。ほら、もっと食べて』

勧められるまま、煮物に箸を付ける。薄味だけど、しっかりダシが利いている里芋。ワカメとキュウリの酢の物も酸っぱ過ぎず、良いお味。美味しくて、再びニコニコしちゃうさき。

 『喜んでくれて良かった』
彼の言葉に、慌てて佇まいを正し、

 「さきこそ、連れて来てもらって嬉しかったです。ありがと…」
お辞儀する。

 『いいんだよ』
二人とも、お腹いっぱい食べて一緒に
 「ご馳走様」をした。

by 紫葵菜

2016/04/21
00:02:15
早いもので4月に入って既に、半月以上が過ぎました。
まだまだ気温が安定せず、御主人様とのお散歩の服装も、何にしようかと考えてしまいます。と、言っても露出散歩なので、たいして変わらない服装ですが・・・

先日、花見真っ只中に駿○城公園にて露出散歩しましたが、花見客が多くライトアップまでしてあり、折角探して来て頂いた皆様に、遊んで頂くことが出来ずに、申し訳なさでいっぱいでしたが、先週の雨降りの日に、同じ某サイトに書き込みをして、御主人様とお出かけしてきました。

雨が降っている為、多少濡れてもいい服装との指示。考えた末、ナマ足に厚底サンダル。デニムのミニスカに白いブラウス。歩くとすぐにお尻が丸見えになるくらいの短さと、露出散歩にバッチリの出で立ち。
KIMG1350t.jpg
KIMG1355t.jpg

残念ながら雨が強くなってしまった為、いつも利用している立駐内で、書き込みをして撮影いると、一人二人と集まってきました。何度か書き込みさせて頂き、交流が有った方々は、見つけて下さるのが早いです。お礼に御希望される御奉仕を、させて頂きました。
今回はご満足頂けたでしょうか?

御主人様と色々な事をさせて頂いてますが、皆様ご理解のある良い方ばかりで、毎回どんな方がいらっしゃるか楽しみにしております。
今後も参加して下さる方々と、アンナ事コンナ事をして、楽しい時間を過ごしたいなぁ~。などと考えながらアソコをいつも潤ませている、どこまでも淫乱な私です。

15:51:35
今月17日(日)に、浜松インター付近のラブホテルにて、SM調教見学会を開催致します。
開催時間は10時から15時の予定です。
SM、調教、羞恥、複数プレイに興味がある 、カップルさん、単独さん、参加しませんか。


詳細はメールフォームにて、宜しくお願いします。

18:25:38
日中の気温がかなり暖かくなり過ごしやすくなってきました
でも、天気がコロコロと変わるので、体調も崩しそうになってしまいます

先日、ご主人様と一緒に夜桜露出散歩に出かけました
まだ夜は寒いですね。ご主人様に厚手のジャケットをお借りして公園をお散歩です

まぁ毎度のことですが、ジャケットの中はブラウスの上から着衣緊縛、おマンコの中には
二股のローターを入れ落ちないようにパンストを履きました
白のブラウスに黒い縄。
このままの姿で歩いたら、あっという間に通報されてしまいますね
KIMG1334t.jpg
公園内は花見客でいっぱいです
しかもライティングされていて、綺麗な夜桜。
「綺麗ですね」、関心している場合ではなかったです
露出散歩が出来ない!!!
花見客のせいで、警備員はウロウロ、あちこちの桜の下で宴会、参りました。
相変わらず、某サイトにも書き込みをしていて、参加者の書き込みも
「人が多すぎ」、「すごい明るい」こんな感じです
どうしようかと相談している矢先に照明が消えた。
どうも時間が来ると照明がダウンするみたいでした

いつもの露出場所から少し離れた場所は、人気がなくちょうどいい感じに桜の木近く
今回はまじめに?露出撮影です
KIMG1327t.jpg
KIMG1342t.jpg
カメラのフラッシュが点くたびに、ご主人様から色々と注文が
卑猥なポーズはもちろんですが、体型の事をグサグサと。「痩せなきゃ・・・」

そうこうしている内に1人、2人と人が近づいてきます
ご主人様はお構いなく撮影+雑談しています
色々とご奉仕と考えていましたが、今回は周囲の条件が良くなかった為、そこそこで終了でした
今回は身体も心も中途半端な感じで、悶々した状態でした。
今度は別の場所で、周囲に関係なくいっぱい苛めて頂こうと思います

13:26:44
by 紫葵菜

妄想 日帰り温泉⑩


 『俺も、気持ち良くしてよ』
彼は座椅子から座布団を一枚外して、半分に折り、さきの頭の下に差し込む。

さきの胸の辺りで、さきを跨いでしゃがんでから、両手をつく。彼の半勃ちのモノが、さきの口の前にくる。首を起こし、口を開けて頬張る。

口の中で歯に当たらないように気をつけながら、舌を使って亀頭も竿も舐め回す。ムクムクと大きくなり、硬さを増す彼のモノ…

正直、フェラは嫌いだし苦手だ。けど、こうしてさきのフェラに感じてくれると嬉しい。 だけど、ドンドン大きくなってくると口腔に収まりきらず、中だけで舐め回す事ができなくなる。

 「…ん゛っ」
MAXまで大きくなった彼のモノが、喉にぶち当たる。グッ… 喉奥から、こみ上げてくる。…苦しい…助けて

彼のモノが奥深く刺さっていて、顔が動かせない。涙が次から次へと零れ落ちる。グ、グッ…

 『だめ、か』
仕方無さそうに言いながらも、彼は引き抜いてくれた。怒張は変わらずだ。 げほっ、げほっ、げほ… 顔を横に向け、はげしくむせる。

 『喉、大丈夫?身体は痛くない?』
帯による手首の拘束を外しながら、彼が聞く。

せいたあとで、直ぐには話せない。一度、右手で待ってとジェスチャーしてから、ようやく自由になった両手で口元を覆い、荒い呼吸を整える。

 「…大丈夫…」
彼は、さきの足元に回り、ロープによる拘束も外した。両足首に、しっかりと残ったピンクのロープ跡。身悶え、暴れたせいか足先が白く冷たくなっている。

 『もう、1:30位だよ。お昼が来る。シャワー浴びておいで』
えっ…まだ、そんな時間?! イキ地獄で悶えまくっていた、さきには時間の感覚が無くなっていた。

机から降りて立ち上がると、お尻からポタポタと水滴が滴り落ち、また太ももの裏を伝い流れた。後ろを振り返って見ると、さきのお尻よりも大きな水溜まりが机の上にあった。

 『片付けておくから、入っておいで』
彼の言葉に促され、浴室に向かう。

栓をひねり、少し熱めのシャワーを浴びる。

 「ふぅ…」
思わず、こぼれた深い息。上半身は汗まみれになっていたが、潮に浸かっていた腰から下は冷えていた。

シャワーを浴び終え、バスタオルでゆっくり水分を拭き取る。ほんのり上気した肌が洗面台の鏡に映る。恥ずかしさで下を向くと、両手首にうっすらと帯跡がついているのが目に入った。

バスタオルを身体に巻き付け、部屋に戻る。

2016/04/06
16:28:05
日中はかなり暖かくなってきましたね
会社の窓から満開の桜を見ていると、ボーっとしながら眠気が襲ってきます
頭の中は満開の桜に綺麗だなと思いつつ、身体は常にウズウズしっぱなしです
淫乱な身体を持て余している毎日です

つい先日ですが、ご主人様と市内の某美術館周辺で露出散歩です
縄化粧をして、マンコ、アナルに一つずつローターを入れ、ダウンジャッケトを羽織り、
某サイトにも書き込みを忘れずにしてから、露出散歩です

風が少しありましたが、あちこちで上着を脱ぎ、見てくれの悪い淫乱な身体を撮影をして頂きました
少しすると、ちらほらサイトの書き込みをみた見学者様が近づいてきました
KIMG1262t.jpg
だんだんと見学をして頂く方が増えてきているように思います、とてもうれしく思いますが、
こんな淫乱な身体ですが、皆様には需要があるのでしょうかと、疑問に思ってしまいます
KIMG1272t.jpg

そうこう散歩している内にお目当ての公衆トイレに着きました
人気がなく、明かりがついていて、撮影にはもってこいの場所です
早速中に入り、ご主人様から調教をと思った矢先に、館内警備の警備員に声をかけられました
とりあえずは何事もなく他へ行ってしまわれたのですが、内心ドキドキです
KIMG1280t.jpg

気を取り直して、参加者様のペニス様にご奉仕です
いつも思うのですが、私の口と手だけでよろしいのでしょうか?
マンコ、アナルもお好きなように扱って頂ければと思います

数名のペニス様をご奉仕して、小休憩しているときに突然、警察の方々が大勢い来られました
ご主人様の機転で急いで荷物を持ち女子トイレに逃げ込みました
ご主人様も参加者様も何事もなかったように振る舞い、事情聴取を受けていました
私も身支度を終わらせ外に出ると、私も聴取を。
皆様、とりあえずは聴取のみで警察の方も立ち去っていきました

色々と話を総合すると、どうやら私の喘ぎ声が外に響いていたようで、たまたま通りかかった通行人が、
私が複数の男性に襲われていると、警察に通報をしたみたいでした

知らないうちに大きな声で喘いでしまったようです
今度からは猿轡でもしないとダメかしら
これからの露出はいろいろと下見と調査が必要ですね
でもまたどこかで露出散歩はすると思います
これからは用心しながらの、露出散歩、撮影になりそうです

今回参加して頂いた方々、とんだハプニングがありましたが、参加ありがとうございました
次回開催の時もよろしくお願い致します


プロフィール

M奴隷ひとみ

Author:M奴隷ひとみ
M奴隷ひとみです。
御主人様の従順なM奴隷になれるよう、日々調教をして頂いています。
昨年からメス犬MINAが御主人様の奴隷となり、私のペットして
御主人様の調教を受ける事になりました。
御主人様から、頂く課題をこなしていきながら二人共々、
ステップアップした姿を、日々綴っていきたいと思います。

※このブログの全ての写真、文章、データの無断使用・転載・複写を
固く禁じます。
20歳未満閲覧は禁止です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
ブロとも一覧

大人の談話室 adult lounge

緊縛の館

♥女の子専用♥ 無料で安心チョッピリHな動画集 ~for Lovely Lady~ FC2

性欲処理肉便器「澪といふもの」

人妻けーこ先生♥の変態性活日記

OL夢華の秘めごと遊び

Mトレマスターの調教日記

いけない遊び~妻み食い~

おなめこ倶楽部~小悪魔熟女の淫乱な日々~

淫乱パイパン奴隷 桜の日記

ペットみどりの成長記録

ぽちゃSM調教撮影日記

牝犬奴隷としてのしつけをされた熟女 るいのブログ

*李桃☆熟爆乳☆奮闘記*

パイパン奴隷の野外露出とSM調教
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。